×

CATEGORY

Yahooショッピング クレジットカード決済はこちら

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ちょっといい話 (1)

ちょっといい話 (1)

ちょっといいお話 その1
観音になった侍
信濃国筑摩の温泉は、
昔からどんな病気にもよく効く薬湯だといわれてきた。
そのため、
近在の人はもとより遠くからもおおぜいの人々が集まってきた。
ある夜、この温泉の近くに住む信心深い男が不思議な夢を見た。
夢の中に観音が現れ、厳かな声で男に告げたのである。
「筑摩の湯はまことにありがたいお湯だと聞く。
わたしもかねがね一度は入りたいと思っていたのだ。
そこであしたの昼出かけることにする。」
男は驚いて尋ねた。
「それで、どんなお姿でおいでになるのですか」
観音はほほ笑んで答えた。
「うむ、年のころなら三十ばかり、黒いひげをのばして笠をかぶり、
皮を巻いた弓を手にして矢を背負い、葦毛の馬に乗って出かけよう」
次の朝になると、男は早速夢の話を近所にふれ回った。
「なんというありがたいお告げだ」 
観音入湯のうわさはたちまち広がり、
あちらこちらからおおぜいの人々が集まってきた。
温泉の主人もこの話をすっかり信じ、
湯を新しく替えてしめ縄を張り巡らせた。
そして花を供え、
辺りをちりひとつないほどに掃き清めて観音を迎えることにした。
ひと目でも観音を拝もうとする人たちで、
早くも昼前には温泉の前は身動きもできないほどになった。
「それにしても長生きはするものだ。
観音さまの入浴されるお姿をこの目で見られるなんて・・・・」
「まったくだ。しかもお侍のお姿でおいでになると、
教えてもらえたのだから見逃しようもない」
人々は口々に言いながら観音の現れるのを今か今かと待っていた。
やがて約束の時間になった。
すると、なんと、
道の向こうから葦毛の馬に乗った侍が、
ゆっくりと近づいてくるではないか。
ひげをのばして笠をかぶり、
皮を巻いた弓を小わきに抱えて矢を背負った姿は、
まさに夢の中の話とぴったりであった。
「おう、観音さまだ。観音さまだ」
「ありがたや、ありがたや」
見物人たちはいっせいに地面にひれ伏し、
額を地にこすりつけて拝んだ。
驚いたのは侍である。
馬から降りて近くにいた人をつかまえ、大声で尋ねた。
「いったいどうしたのだ」
「ああ、ありがたや、もったいない」
尋ねられた人は頭の上で手を擦り合わせ、
そう繰り返すばかりでなにも教えてはくれない。
侍はやっとひとりの僧をつかまえ、頭を下げて頼んだ。
「お願いだ。わけを話してくれ」
僧も初めのうちはただ手を合わせるだけであったが、
侍があまりにもしつこく聞くので言った。
「あなたさまは観音さまでございましょう」
侍はとたんに笑いだしたが、すぐに真顔に戻って言った。
「わたしが観音さまだと・・。 とんでもない話だ。
わたしはご覧のとおりの狩り好きの侍だ。
先ごろ狩りに出て右の腕を痛め、
この温泉で治療するためにやって来たのだ。
それがどうして観音さまとまちがわれるのだ。
むしろ殺生を趣味にしているのだぞ」
「そう言われましても・・・・。
実は、昨夜不思議な夢を見た者がありまして・・・・」
僧はこの騒ぎのいきさつを詳しく話して聞かせた。
すると、侍はうなずいて言った。
「なるほど、よくわかった。」
そしてひれ伏している人たちに向かって大声で叫んだ。
「わたしは狩りで痛めた腕を治療するためにここにやって来たのだ。
断じて観音などではない」 
しかし、人々がそんなことばで納得するわけがなかった。
侍がなにを言っても、人々は額を地に擦りつけて拝むばかりであった。
侍がいいわけをすればするほどますますありがたがり、
中には感極まって涙をこぼす者さえ出てきた。
--ええい、こうなればしかたがない。
侍は覚悟を決め、馬に飛び乗って重々しい声で言った。
「皆の者、わたしはいかにも観音である。
その信心を忘れずに心して暮らすがよい」
そして馬にむちを入れ、そのまま後ろも見ずに駆けていった。
侍は村外れまで来ると弓矢や刀をきっぱりと捨て、
その足で横川へ登った。そして出家を願い出た。
侍はそれ以来厳しい修行を積み、
後にりっぱな僧になったということである。