×

CATEGORY

Yahooショッピング クレジットカード決済はこちら

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  開運の基本

開運の基本

開運の基本
 

  印鑑は自分を表すものなので、

 いい加減なものを使ってはいけないという昔からの考えがあります。

 開運印鑑は、その考えを基にして、ではどのような印鑑が良いかを、

 長年の体験、経験を元にして、作り出されたものです。

 印相学と言いまして、日本の伝統的学問、陰陽学の一つです。
 
 そこには、富豪の家が凶相印を持つことにより没落していった例や、

 吉相の印で発展していった、実話なども記されています。

 私どもの、短い経験でも 発展する人ほど開運印を求めますし、

 使っている印鑑を見てその重要性を 認識さされることがあります。
 
印鑑はあなたの分身です
印鑑はあなたの分身です 印鑑はあなたの分身です 印鑑はあなたの分身です
          
       陰陽学と印鑑

陰陽学とは 暗い 明るい 女性と男性 があるように、

すべてのものは 陰性と 陽性があり、

この二性によって成り立っていて、

その調和により物事が作られていると考える学問です。

主に、国を治める学問として、帝王学おいて発展し、戦国時代は
 
築城において地形、風、人の位置などを考慮されてきました。

そのことが 今日の、家相、風水の元となっております。

また、儀式、儀礼にも関係して、

お祭りや、結婚式、葬儀、宗教行事にかかわっております。

戦後は 個人主義的、物質的教育がなされ、

こうした考えは排除されてきました。

しかし、印鑑については、開運印鑑の考え方として残されています。

これは、最も、印鑑が 運勢に関係する商品であるからだと 考えております。
 
 
       
             象牙の印鑑がなぜ良いのか簡単な理由

印鑑は自分を表すものなので 陽性が良いのです。

陽は発展的、前進的を現しています。

それでは、象牙とはいかなるものなのでしょうか?

陸上 動物 最大の象の牙です、色はアイボリーです。

陰陽でいきますと、

海は陰で、陸は陽になります。

物質は鉱物、植物、動物ありますが、静が陰で、動が陽ですから動物が陽です。

大小でいくと、陸上最大の動物というので、陽性です。

牙は凹凸で言うと出ている部分ですから凸で陽になります。

色も黄色、白が陽性的色ですから陽性になります。

おまけに硬いですから、軟、硬は硬が陰陽では陽性です。

ですから、象牙印は 最も陽性のもので、縁起の良いものです。
 
【開運印鑑】特上象牙75mm印鑑三印セット桐箱 腹ワニケース   

   
             印鑑の取り扱い方

 開運印鑑の 基本的な取り扱い方を 話します。

 印鑑が仕上がってくると、これは自分の運勢が良くなった姿ですから、

 大切に扱うことが基本です。

 まず、印鑑を神棚か仏壇、または床の間 無ければ机の上において、

 開運の願いをこめます。

 出来れば、紙などに書いたりすると効果的です。

 開運できると思うことが大切ですので 自分のやれる範囲でいいです。

  印鑑の印面には墨が塗ってあります。

 これは封印止めと言い、その墨を落として使います。

 墨は ブラシなどを使って水で落とします。
 (水分は必ずよく拭き取ってください)


 取った状態からが、最初の使用となります。

  印鑑は自分自身です、大切に使えば使うほど、

運勢が良くなるように 作られております。